TOPコミュニティ>体験談掲示板ハッテンバ別>公園


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!



17 / 593 ←新 | 古→

【668】深夜の運動公園(千葉)A
 喉尺肉便器1809040 E-MAIL  - 14/1/4(土) 12:02 -

引用なし
パスワード
   個室の扉が閉まる前に二人が入って来た。多分、隣の覗き穴から見てたのは一人じゃなくて、二人だったんだろう。こちらは肉便器として、いつも相手の顔は見ない主義だ。マラだけを見て、射精用道具として奉仕することが好きなので、相手がどんな人かは気にしたことがない。個室に入ってきた二人は黙ってマラを差し出してきた。それを交互に喉尺する。一人はデカマラで、もう一人は普通サイズだが亀頭がデカい。どちらかのマラを偏らないように交互に喉尺を繰り返す。しばらくすると上の方で二人がキスしたり、お互いの乳首を舐め合ってるのが分かる。どうやらこちらが喉尺してる方が乳首を舐められてるようだ。喉尺するマラを変えると、乳首を舐められてるのも交代してるようだ。喉尺されてる人は下は見ずに、腰を振ってくる。最高!この道具みたいに使われる感じが最高!このままずっと交互に喉奥を犯されていたいが、しばらくすると左のマラさんが、先にイコうかな」と言うのが聞こえた。さきぼどから先走りがダラダラ出てたので、もう我慢できないんだろう。もうい一人の人とキスしながら、「ンーンー」と言いながら、肉便器の喉奥に射精してくれた。ああ、このオナホみたいに射精されてる瞬間が堪らない。このために生きてると感じる。射精を終えると一人は個室を出て行った。残った一人も肉便器の頭を掴んで腰を振り、声を出しながら喉奥射精した。そして黙って個室を出て行った。無言なのがまた堪らず、いい。また二人、三人に使われたい。今日も掲示板に投稿してから、マラ達が集まるのを期待してる。

4,105 hits

【668】深夜の運動公園(千葉)A 喉尺肉便器1809040 14/1/4(土) 12:02 【表示中】

17 / 593 ←新 | 古→
ページ:  ┃  記事番号:


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!