TOPコミュニティ>体験談掲示板>失恋


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!



38 / 227 ←新 | 古→

【240】昔の話 2
 直紀  - 09/8/30(日) 18:57 -

引用なし
パスワード
   年の暮れが近づいたある夜、Kさんが来ました。

いつもお越しになる時間よりかなり遅い時間でした。珍しく酔っている様子で、『よぉ』と声を掛けてくれましたが、何となく機嫌がよくありませんでした。
『どうしたんですか?』
『何もないよ。生、くれ』生大をお出しすると、いつもと違い一口だけ飲んで置いてしまいました。
『大丈夫、まだ飲まれてへんよ』
『らしくないね。何か出そうか?』
『すんません、適当に頼んますわ』
宴会のお客さんが帰ったあとなので、お店の中は結構落ち着いてました。僕は片付けとかしながらKさんの様子を見守っていました。ただ黙々とお料理を食べ、チビチビと生ビールを飲む後ろ姿はすごく寂しそうでした。
僕に何かしてあげられることはないかな、と思いましたが何もなさそうでした。
『おおーい、直紀!』
突然、Kさんが声を上げました。いつもなら君付けなのに今日に限って呼び捨て、少しびっくりしてるとKさんが座ったまま僕の方に向きました。
『俺、お前のファンやで!ほんま、可愛いヤツや、お前は。今度、デートしようや!』
酔っ払いの戯言、でも、僕にはそう聞こえませんでした。
『Kさん、酔ってるよ。直紀は男の子だよ。ほら、お茶漬け出してやるから、今日はもう帰んなさいよ』店長さんが困惑顔で言いましたが、僕は呆然としたままでした。
『直紀、これ』
店長さんに呼ばれてハッとしました。Kさんのためのお茶漬けが出てきました。僕はすぐに受け取らず、レジへと走りメモをちぎってメッセージを書き付けました。
『直紀!』
『あ、はい、ごめんなさーい』
僕はお茶碗の下にメモを忍ばせてKさんの前に置きました。
『ごめんな、これ食ったら帰るわ』
『気を付けてくださいね』僕はKさんのそばを離れました。
『すみません、店長。ちょっとお手洗い行きます』


次の日、僕はお母さんに嘘をつきました。『バイトあるから』と。
僕は制服の上にコートを羽織って駅の改札に立ってました。
『僕でいいですか?明日、七時に駅で待ってます』
Kさんへのメッセージはそう書きました。
僕の、精一杯の勇気のつもりでした。
いつも可愛がってくださるけど、Kさんは僕に特別な感情なんてないだろう、でも、もう自分の気持ちに嘘をつけませんでした。
来なかったら今日一晩思い切り泣いたらいいんだ、それで明日からまた頑張ればいいんだ、Kさんも僕の顔なんて見たくないだろう。風は冷たく、待つ心は切なくて辛かった。ネガティブな思考がどうしても先立つ…。
ポンと肩を叩かれました。顔を上げると、Kさんの大きな体。『よっ』といつもの挨拶だけど、少しバツが悪そうな表情でした。

涙が溢れてきました。
『どないしたん?』
『来てくれないと思って…もう会えないと思って…』『大げさやなぁ。泣くなよもう…』
僕の心に灯りがついた瞬間でした。

二人で暗くなった公園を歩きました。
お話するでもなく、ただ歩きました。
僕はそれだけで幸せに思えたのです。そして、Kさんが好きなんだと、はっきり確信しました。
その好きな人というと、真っすぐ前を見つめて、いつもと変わらないむっつり。昨日のことは冗談だったのかな?でもいいや、今すごく心地いいから…。
僕はKさんのコートの袖をギュッと握りました。本当は腕を組みたかったけど、ふしだらな子と思われたくなくて、やめました。
Kさんがふと立ち止まりました。『座ろか?』

僕がベンチに腰掛けると、Kさんが缶コーヒーを買ってきてくれ、投げてよこしてくれました。隣に座るとタバコに火を点け、コーヒーを一口飲みました。
僕は缶コーヒーをカイロ代わりに両手でもてあそんでいました。
何にも会話はなし。

『昨日のことな…』
最初に口を開いたのはKさんでした。
僕は思わず体を固くしました。いきなり核心なんて思いもしませんでした。
『あれな、嘘とちゃうよ。今日、会えてよかったよ』そう言ってタバコを吹かしました。
『過去形、なんですか?』『あ?』
『僕のこと、どう見てるんですか?弟?子供?』
また沈黙に戻ってしまいましたが、やがて深いため息をつきました。
『…最初見た時から可愛いと思ってるよ。可愛いてしょうがないわ』
缶を持つ僕の手にKさんの大きな手がかぶさってきました。
『…で?』
『だから。…好きなんやって。…あー、くそ!何言うてんねん!』顔を赤くするKさんがおかしくて、僕は思わず笑ってしまいました。
『笑うな。大人をおちょくんなや』
『僕も、好きだよ。大好きです』
自分でもびっくりするぐらいスラスラと告白の言葉が出ました。
『…いいの?僕で?きれいじゃないし…ほんとに?』真剣に聞きました。
『何言うねん。充分可愛いやないか。…君こそ、こんなオッサンでええんか?』『素敵だと、思います』
次の瞬間、僕は抱き締められました。
『ありがとう。…仲良くしよな』
『…うん』
そこからキスへはごく自然にすすみました。唇を重ね合わせるだけの軽いのだけど僕には大きな第一歩。
ゆっくり体を離すとKさんが立ち上がりました。
『お腹空いたやろ?ラーメン食いにいこか?』
『はいっ』

僕らの関係が始まった瞬間でした。

1,803 hits

【239】昔の話 直紀 09/8/30(日) 16:18
【240】昔の話 2 直紀 09/8/30(日) 18:57 【表示中】
【241】昔の話 3 直紀 09/8/31(月) 7:59
【242】昔の話 4 直紀 09/8/31(月) 12:20
【243】昔の話 5 直紀 09/9/1(火) 19:40
【244】昔の話 6 直紀 09/9/1(火) 22:01
【245】昔の話 7 直紀 09/9/2(水) 8:49
【246】昔の話 8 直紀 09/9/2(水) 12:15
【247】昔の話 9 直紀 09/9/3(木) 11:27
【248】昔の話 10 直紀 09/9/5(土) 17:48
【249】昔の話 11 直紀 09/9/8(火) 15:43
【250】昔の話 12 直紀 09/9/8(火) 23:49
【251】[管理人削除]
【255】昔の話 13 直紀 09/10/4(日) 1:34
【256】[管理人削除]
【257】昔の話 14 直紀 09/10/7(水) 3:50
【258】昔の話 15 直紀 09/10/13(火) 22:42
【268】昔の話 16 直紀 10/11/20(土) 0:41
【269】昔の話 17 直紀 10/11/20(土) 1:30
【270】昔の話 18 直紀 10/11/20(土) 14:18
【271】昔の話 19 直紀 10/11/20(土) 22:57
【273】昔の話 20 直紀 10/11/23(火) 1:16

38 / 227 ←新 | 古→
ページ:  ┃  記事番号:


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!



クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!