TOPコミュニティ>体験談掲示板>失恋


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!



7 / 105 ツリー ←新 | 古→

【263】忘れられない男 ken 10/11/11(木) 10:41

【275】忘れられない男 ken 10/12/2(木) 22:49
【276】忘れられない男 ken 10/12/6(月) 22:41

【275】忘れられない男
 ken  - 10/12/2(木) 22:49 -

引用なし
パスワード
   あるスポーツクラブの駐車場

ふたりは同じクラブに通っていました。汗をかいてシャワーを浴びた帰りの時間
僕の車の中で別れの時間を惜しんでいました。
見つめ合い、手を握り、相手の太股に触れば自然にキスを交わします。
駐車場は混んでいて両隣には既に車は停っていました。
でも、塀に向かって前向きに停めた車だから両隣の人が戻ってくることだけを気を付けていました。
サイドミラーにだけ目を配りながらキスを重ねているうちに彼はだんだん夢中になって僕のベルトを外し少し乱暴に引き出してしゃぶり始めました。そして、その腕が背中がわのベルトに掛かると一気に脱がしはじめたのです。
「駄目だよ・・・ こんな所で・・・」

まだ少し明るい夕暮れどきでした。
車の中でのHは初めてでした。

【276】忘れられない男
 ken  - 10/12/6(月) 22:41 -

引用なし
パスワード
   あるスポーツクラブの駐車場

彼はだんだん夢中になるし・・・
でも、僕は気が気じゃなかった。隣の車の人がいつ帰って来るのかとサイドミラーに目をやりながら彼の力強い手の動きを拒んでいた。
けれど・・・
彼の手は後ろからベルトを持って、拒んでよじる体の空きをついて一気に脱がせていた。
「もう・・・!  駄目・・・」
彼は僕のペニスを咥えながらアナルに指を差し入れようとしていた。
「あ、、、ン。  僕の一番好きな瞬間・・・!」


諦めに似た快感で力が抜けそうになったとき突然、目の前に男の人が居た!!
塀に前向き駐車した車のボンネットの先。その前を通る男の距離は2mもないだろう。
驚いて彼の動きを制すると彼もただならぬ気配を感じたのか僕の股間からゆっくり顔を上げた。
目の前の男は僕の慌てた様子をうかがいながら横切って行った。
男にしてみれば買い物帰りの近道なのかも知れない。
だけど多分、僕達ふたりの男がしていたことを察していたに違いない。

いま思えばよくあんな駐車場でやったものだと自分ながら呆れてしまう。
でも、好きな男と一緒に居ると普通でなくなってしまうものなんだと思うのは間違いでしょうか。

7 / 105 ツリー ←新 | 古→
ページ:  ┃  記事番号:


クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!



クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!

クリックしてね!